安定していく体重

パンを主食にする食生活でひと息つき、また豆腐、卵。肉、ハム、野菜中心のおかずといったスーパー糖質制限生活を続けていくと。また2ヵ月目を迎える前に20キロ減の67キロに戻った。そして、そのままピタッと1年余り変動しなくなった。従って正確に言えば、最初に20キロ減に最速で到達しだのが3週間目。一度不安になって、少し戻した後、再び20牛口減に戻っだのが2ヵ月目だ。そして3ヵ月目を過ぎる頃から全く体重は安定していった。

この頃になると、痩せて以前よりエネルギーを必要としなくなったのか、食欲自体がなくなってきた。つまり、食べようと思っても食べたくなくなった。もっと言えば、糖質制限の目的のために食べるものもなくなってきたのだが、あまりあれこれ食べると飽きて苦しくなるから、むしろ食べなくてもいいと思うようになったのである。

食べるということは、生物にとって生命維持活動の全てだが、異物を食べるという行為そのもの自体がエネルギーを非常に要する。

また食べる過程で有害なものを取り込む可能性があるので、これを排除させる免疫系が発達してきた。これらのメカニズムは、人類にとって飢餓に耐えることを想定している。

そのため、食事によって必要な分量が口から体の中に入ると、脂肪細胞からレプチンという食欲抑制ホルモンが出て、脂肪細胞に働きかけ、エネルギーの代謝を行なっている。

しかし「食べ過ぎ」の状態ではこのレプチンがうまく機能せず、満腹中枢が適切に反応できなくなる。この結果、レプチン抵抗性が高まり、食欲が抑えきれずに食べ続けるという悪循環も起ってくる。

つまり「過食」で食べたいものを食べ過ぎることの矛盾が、食べるものが限られている糖質制限によって修正され、「食欲」そのものが抑制される結果となった。その結果、不必要な「食欲」に悩まされることも少なくなったのである。糖質制限を続けていると、このように身体にとっていい反応が次々と起ってくる。

それは、身体にとって糖質制限食が一種の「プチ断食」に近い状態をもたらすからだ。すなわち体の必要なエネルギー源である糖質の摂取が制限されることで脂肪が燃え、レプチンが適切に働き、満腹中枢が抑えられるのだ。

従って糖質制限食を続けていると、以前より少ない量で満腹感を覚え、「過食」はむしろ止まる。これに対し、糖質を大量に摂取すると、太るだけでなく、満腹中枢が正常に機能しなくなり、更に「過食」となり、それでも「満腹中枢」が働かず、更に太り続けることになる。

これはかなり後で気付いたのだが、メニューが限られてきて同じものばかり食べて、飽きが来た状態というのは「過食」の「食欲」から脱出出来る絶好のチャンス到来ともいえる。

それを無理に食べたいものを探して、無理に食欲を刺激する必要もないと私は考えるようになった。要するに、以前のように食べること自身に、余り興味を持だなくなってしまったのだ。「食欲。それが、どうした」という思いであった。